こんにちは!コウヤです!

 

今回は肌の新陳代謝「ターンオーバー」と、肌の構造についての記事を書いていこうと思います。

読者さん読者さん

ターンオーバーとは何ぞや…

という方に向けて簡単に説明すると、冒頭の写真の通りです。

 

人間の肌って実は、一定のサイクルで新しく生まれ変わるようにできているんです。

 

ただ、あることが原因でターンオーバーのサイクルが乱れてしまうと、肌荒れはもちろん、ニキビ、吹き出物といった肌トラブルになりやすくなるんですよね…。

 

ということで、さっそく内容に入っていきますよ。

ターンオーバーってそもそもなんなん。

肌のターンオーバーについてですが、文章で書くよりもイラストの方が分かりやすいかと思います。

※基底層はギリ表皮です!!!!!(これほんとです!!マジです!!!)

これがターンオーバーです。

皮膚の構造について

皮膚の構造についてですが、外側から「表皮(ひょうひ)」「真皮(しんひ)」「皮下組織(ひかそしき)」の3層に分かれています。

 

表皮はさらに4つの層になっていて、「角質層(かくしつそう)」「顆粒層(かりゅうそう)」「有棘層(ゆうきょくそう)」「基底層(きていそう)」に分かれています。

 

ちなみに、角質層は”角層”と略されることもあります!

ターンオーバーの仕組みについて

まず、表皮の一番奥に存在する基底層から新しい皮膚の細胞が作られます。

 

次にそれが上へ↑!上へ↑!!と、押し上げられることによって、肌の表面にでてきます。

 

そして、肌の表面にでてきた皮膚細胞が、垢(あか)や古い角質となって剥がれ落ち、新しい皮膚細胞へと入れ替わります。

 

この繰り返しが、”ターンオーバー”です

ターンオーバーの周期について

肌のターンオーバーについてですが、一般的には10代、20代で約4週間(大体28日)のサイクルで行われます。

 

僕の場合なら、今は19歳なのでターンオーバーの周期は正常なら4週間ぐらいですね。

 

ですが、30代だと約40日40代だと約55日、50代にもなれば60日……

 

と、年齢とともにターンオーバーの周期は遅くなります。

ターンオーバーの周期が乱れるとどうなっちゃうの??

肌はターンオーバーによって、”ー定のサイクルで生まれ変わっている”というのは理解したかと思います。

 

ところが何らかの原因で、肌のターンオーバーが乱れると…?

 

古くなった角質や垢が肌の表面に残って毛穴詰まりを起こしたり、角質層の細胞の間にある保湿成分が作られにくい状態になります。

 

こうして肌荒れやニキビ、肌の乾燥といった肌トラブルを引き起こします。

 

めでたし。めでたし。(めでたくない)

ターンオーバーが乱れる原因って?

冒頭でも話しましたが、ターンオーバーの乱れと、肌荒れやニキビといった肌トラブル密接な関係があります。

 

ターンオーバーが乱れる原因は様々あるのですが、特に挙げられるのは、毎日のスキンケアやライフスタイルと関連することが多いです。

 

例えば….

 

ストレス
不規則な食生活
   (野菜不足や脂肪分過多)
ホルモンバランスの乱れ
不適切なスキンケア
睡眠不足        〇冷え性
無理なダイエット    〇便秘
過量のアルコール    〇運動不足
就寝前の飲食や飲酒   〇疲労

 

です。(要するに”体に良くないこと”です。)

まとめ

最後にまとめです。

 

  • ターンオーバーとは、一定のサイクルで肌が生まれ変わること
  • ※基底層はギリ表皮です!!!!!(これほんとです!!マジです!!!)
  • 年齢とともにターンオーバーの周期は遅くなる
  • ターンオーバーの乱れと肌トラブルは密接な関係にある
  • 体に良くないことは”良くない”

 

ターンオーバーが乱れる原因を見て、「あ、これ自分には無理だ…」と思うかもしれません。(特に食生活に関しては「無茶苦茶難しいな…」僕は感じました。)

 

ですがそんなことを考えていては、肌トラブルは”絶対”に治らないですよ。

 

まずは、自分が「あ、これならできそう。」と思ったことから優先して、毎日の習慣を少しづつ治していきましょう!!

 

ということで、肌のターンオーバーについての記事を終わります。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました!