初めまして!

 

このブログを運営している コ  ウ  ヤといいます!     

 

「コウヤって誰だよ?」

「どんな活動しているの?」

「コウヤって何者なんだよ?!」

「どんな人なんだろう…」

「マジ卍なんですけどぉ~」

「ば な な!!!」←??    

 

という方のために、自己紹介していきます。  

自己紹介

現在は20歳で、フリーターやってます。

 

「え?!大学生じゃないの?!」という声が聞こえてきそうですが、大学生ではないんです。(笑)

 

バイトでお金をためながら(たまに浪費しながら)、実家で暮らしています。

読者さん読者さん

なんで大学行ってないん?

いやぁ~、それには深い訳がありましてね…。

 

鉄道の運転士を目指していました。

実は、僕が高校生だった時の将来の夢が「鉄道の運転士」だったんですよね。

 

もっと具体的に言うと、大学に行かず、高校生で就職せず、鉄道の専門学校に行って、”小田急電鉄に就職する”ところまではっきりと決めていました。

 

駅員になって、車掌、運転士、特急ロマンスカーVSEの運転士、のちには駅長も…といったことまで考えていました。

 

将来の夢をそういう風に決めていたのは中学生の時からで、鉄道の運転士以外のことはまっっっったく考えていませんでした。

 

将来の夢をと決めていたからといっても「勉強を全くやっていなかったか?」といえば、がむしゃらに自分なりに頑張ってはいましたよ。

 

中学・高校の成績も平均以上は取ってはいましたし。(自慢)

 

 

まぁでも、人生そう簡単に易々と上手くいかなかったんですけどね…。

簡単な色覚検査を受けるはずだった…のに…

高校3年の時に保健だよりで「簡単な色覚検査を受けたい人は、○○:○○からやってますんで」っていう手紙が、クラスのホームルームで渡されたんですよ。

 

で、運転士になるためには、この”色覚検査”を必ずやるんですよ。

 

理由は単純で、鉄道の信号機の青・(緑)を瞬時に認識しないといけないからです。

 

特に夜間の常務の場合は、辺りが真っ暗で、街頭やお店、車、車の信号機などの明かりがある中で鉄道の信号機が判断できなければならないんです。

 

もし鉄道の信号機を見間違える、判断が遅れるようなことがあれば、(最悪の場合)大事故になりかねないので。

 

んで、実際に簡単な色覚検査を受けてきたんですよ。

 

そしたら…

保健の先生保健の先生

これは…….詳しく病院で診てもらった方がいいですね。

と言われました。

 

このとき、「もう運転士になれないんじゃないか」と内心すごく焦りましたよ。マジで。うん。

 

ただ何故かこの時「運転士の夢はまだ消えたわけじゃない」と、少しの余裕ほんの少しの淡い期待があったんですよね。

大学病院に行って検査を受ける

そんでもって詳しく診てもらうために、色覚を専門にしている大学病院に電話をかけました。

 

電話をかけてから大体20分。ようやくオペレーターと繋がり、「色覚検査を受けたいのですが…」と僕が言うと…

 

オペレーターさんオペレーターさん

色覚外来のご予約ですね。かしこまりました。ただ、予約がかなり埋まっているので、診察できるのが3ヶ月後になりますが大丈夫でしょうか?

 

と言われ、僕は「あ~、大丈夫です。」と答えました。(この時点で高校の3年の5月)(ここでとあることに気付いて欲しかった。)

 

~3ヶ月後~

 

いよいよ、色覚外来のある東京の大学病院へ行き、視力検査、診察、詳しく精密な色覚検査を受けました。

 

(実際に受けた検査について詳しくは⇒滋賀医科大学 眼科学講座 色覚外来)(実際に行ってきた病院は東京女子医科大学です。)

 

そして検査の結果、

 

眼科の医師眼科の医師

先天性の色覚異常ですね。運転士は残念ながら諦めてください。

この一言で、淡い期待は虚しく散っていきました。

 

ちなみに、この時点で診察を受けたのが高校3年8月の夏

 

大学の受験勉強は、全くやっていませんでした。(はい相当ヤヴァイ。ポンコツすぎ。)

 

進路も「鉄道の専門学校」から「大学進学」へ方向転換していきました。

 

けれど、気付くのがあまりにも遅すぎた。(専門学校に行く前に気づけたのが唯一の救いでしたが。)

 

この先、自分の進路をどうしていくか、とにかく滅っっっ茶苦茶物凄く焦りに焦りまくりました。

進路を”専門学校”から”大学進学”へ。

東大、京大、早慶上理、MARCH、日東駒専、大東亜帝国などの大学ランクすら知らなかった僕は、高校にある大学のパンフレットを1校1校取っていきました。それも10冊以上。

 

東京工芸大学、東海大学、法政大学、専修大学、法政大学、青山学院大学、神奈川大学、駒沢大学、國學院大學などなど(パンフレットを捨てちゃったので、一部間違ってるかもしれません)

 

大学については色々調べましたよ。大学のランク、偏差値、学部ごとの違い、どんなことが学べるのか、就職に関することetc…

 

大学について、特に気にしていたのが”大企業への就職先”でした。

 

将来は安定した職に就かないといけない(漠然と考えていた)」「中小企業に就職したら手取りは間違いなく少ないし、生活も苦しくなる」「大企業に就職するには、学歴フィルターも気にしないといけない」「そのためには、早慶・MARCHじゃないといけないから…

 

と、頭の中でとにかく考えまくっていました。

 

そこへ”指定校推薦”に関する話が飛び込んできます。

推薦で青山学院大学を狙いにいこうとした

僕の通っていた高校の指定校推薦は、当時”行く価値が無い”と決めつけていた大学がほとんどでした。

 

が、その内2つだけMARCHランクの大学が降臨していたんですよね。

 

それが、青山学院大学の「法学部」と「社会情報学部」でした。

 

その中で、法学部には全然興味がなかったので、社会情報学部を狙いに行きました。

 

ちなみに、高校での内申の平均は4.5/5.0で、自分なりに努力はしていました。「これは行けるんじゃないか…?!」と、また淡い期待を抱いていました。

 

まぁダメだったんですねどね。うん。

それでも青山学院大学が諦めきれず、がむしゃらに頑張る。

指定校推薦がダメだったので、最後の望みで必死に受験勉強しました。

 

高校の文化祭の準備に時間があれば英単語を覚え、学校が終われば図書館に行って参考書をやりまくり、授業中でも暇があればとにかく内職。

 

必死に参考書を覚えていきましたが、センター模試ではE判定。

 

それでも、諦めきれず、焦りに焦りまくる。

 

そして気づけばセンター試験当日になりました。

 

手応えすら全く感じず、ほとんどの問題を勘で埋めていきました。結果は当然惨敗でした。

 

正直大東亜帝国にも合格できるかどうかというぐらいに酷すぎる点数でした。いや多分無理ですね。

 

↓センター試験の結果です。

 

古文と漢文に関しては、青学の社会情報学部の試験で出なかったので、戦略tゲフンゲフン全く勉強していませんでした。

 

にしても、今思うと…

 

マジで無駄な足掻きでしかなかったですね。

そして、心が折れた。

センター試験の点数があまりにも絶望的で壊滅的だったので、青山学院大学の受験をしないで、浪人しました。(要は現実逃避です。)

 

※こうならないように、進路は早めに決めましょうね。(大学受験するんだったら、「3年になったら」とかじゃなくて今すぐにでもできることはやっておこうね。)

高校卒業後、浪人。

「そうだ、早稲田の商学部行こう。」

 

そう思って”日本初!授業をしない。”でおなじみの武田塾に通って、ひたすら勉強やっていました。

 

↓武田塾に入るともらえます。

 

とにかく塾や図書館に行って、参考書をひたすらこなす毎日でした。

 

それでも、模試では全然点数が伸びず、E判定ばっっっかり。

 

そして時は経っていき、12月。

 
 
 
大 学 入 試 が 始 ま る
 
2 ヶ 月 前 に 、
 
ま た リ タ イ ア し ま し た 。
 
 
 
 
これ以上何やっても成績が伸びないなと思い、大学の道を諦めました。
 
 
 
自分でいうのもなんですが、本当に諦めの早い、よわっちぃ人間です。
 
 
 
というか、バカです。愚の骨頂です。

受験を諦めて、ブログを始める。

それからは、大学受験勉強から離れて、「前からやってみたいな…」と思っていたブログを始めました。
 
 
時折ブログ作りをサボって、YouTubeやらAmazonプライムビデオを見るときもありましたが……
 
 
|д゚)サ、ssサボッテタワケジャナイヤイ!!!
 
 
 
で、現在は、
 
 
肌に関することを学んだり、自分磨きしつつ、勉強したことを記事に反映させています。
 
 
-自己紹介終わり-

趣味について。

趣味は音楽を”聴くこと”と”歌うこと”です!

 

聴いてる曲は、たくさんありますよ。

 

米津玄師、official髭男dism、King Gnu(決してKing&Gnuではない。)、Eve、ヨルシカ、ONE OK ROCK、サカナクション、菅田将暉、Aimer、あいみょん、ずっと真夜中でいいのに、美波、radwimps、amazarashi、須田景凪、高橋優、AliA、nowiseeなどなど。

 

ボカロ曲でいえば、ハチ、DECO*27、バルーン、じん、40mPなどなど。

 

毎日聴いて歌ってます。

 

音楽を聞かない日なんて全く無いです。だって、毎日聴いても聴いても飽きないですもん。日本に生まれてきてホントに良かったです。

 

また、カラオケには月に1回ストレス発散しに喉を潰す直前まで歌うことが多いです。

 

カラオケウルトラスーパー楽しいっす。アドレナリンがブワ~ッとでてきます。

 

最近のマイブームはofficial髭男dismの「イエスタデイ」です。”超”がつくほど好きです。

 

ただ、高音で歌おうとすると喉が苦しくなって、歌い続けるのが辛くなります…。

 

King Gnuとかofficial髭男dismの曲を原キーで(音程を変えないで)歌うと、喉が潰れて、自分の声が別人のようになっちゃうんですけどね。

 

それでも、カラオケは楽しいですよ。

 

あとは、電車に乗るのが好きだったりします。(いわゆる乗り鉄)(オマケ)

 

高校生の時は電車を撮る”撮り鉄”もやっていました。(今はブログ記事やらバイトやらで…滅多に一眼レフを触らないです…)

なんでイケメンになりたいん??

え?それ言っておく必要あります?理由なんて1つしかないでしょうよ…

 

イケメンになる理由なんて、モテたいからに決まっているじゃあないですか!

 

人生100年時代なんて言われますが、全力で人生を楽しみたいんです。後悔を何一つ残したくないですから。

 

モテたいとは言っても、美人で、性格が良くて趣味や価値観の合う人とリア充になる予定です!

 

(かなりの人見知りなので、今は難しいと言いますか、厳しいと言いますか…)

 

リア充になったらこのブログで報告しますので、温かい目で見てやって下さい。(苦笑)

このブログで扱っていく情報について

このブログのテーマは”イケメンを目指すこと”なので、見た目を変えるための方法について記事にしていきます。

 

今は、ニキビや肌に関することを中心に記事にしていますが、今後は細マッチョになるための方法や、ヘアセットに関すること、ファッション目を大きく見せる方法なども記事にしていく予定でいます。

最後に…

あなたに少しでも有益な情報がこのブログで見つかれば幸いです。

 
 
 
最後までプロフィール記事を見てくださり、ありがとうございました。

 



ニキビの仕組みや原因について知りたい方はこちら
⇒ニキビについて理解出来る記事一覧